【2018年11月15日更新】

 クリックで大きい写真が見られます
HII-B 7号機によるこうのとり7号機打ち上げ Photo by TAKA2-OB
2018年9月23日 02:52,熊本県熊本市
カメラ:Pentax KS-2(F4.0, ISO200, f=18mm)
10秒露光連続撮影(18枚)+コンポジット合成


 クリックで大きい写真が見られます
iPhone de 月面X Photo by 背番号980
2018年11月15日 19:44,東京都港区
TAKAHASHI/FC-65+H.M12.5, 1/30秒



*今が旬!な情報

★月刊・天文ガイド2018年12月号(誠文堂新光社11/5発売)

マサさんとスゴはや2対局しました!
ちょっぴりこだわっていた「ただのスゴロクじゃない」スゴはや2の魅力を伝えて下さいました。
マサさん,来て下さってありがとうございました!

[天文班・宇宙技術班]

★今年の文化祭は「ヒトはや2」!
文化祭は2018年10月13,14日,終了しました
ご来場,ありがとうございました!


活動報告はこちらからご覧下さい.来年もやります.ぜひお越し下さい!
ヒトはや2・活動紹介
活動報告 文化祭2018「 Micro & Macro 20」
アトラクション「サンプル採取体験」 (2分12秒)
はやぶさ2プロジェクトへの寄付金でつけたCAMーHというサンプラーホーン観察カメラが捉えるだろう映像を体験しつつ,サンプルに見立てたトイカプセルのサンプリングをお楽しみいただけます.
科学部展示 Micro "&" Macro 20 予告編ムービー (1分)

スゴロクではやぶさ2の旅を体験できる「スゴはや2」,
そのスゴはや2を実験室いっぱいに展開し,ご来場の皆様に「はやぶさ2」になってその旅を体験していただけるようにしました.
それが,ヒトサイズ・スゴはや2「ヒトはや2」です.

★今年は,はやぶさ2が小惑星リュウグウに到着!
科学部では,これを記念して,スゴロクではやぶさ2の旅を体験できる「スゴはや2」をつくりました.




[科学部主催]

★「小惑星"リュウグウ"想像コンテスト」・審査員特別賞受賞!
(JAXAはやぶさ2プロジェクト主催東芝未来科学館・東京国際科学フェスティバル共催)

スゴはや2を正十二面体のリュウグウに貼り付けた「ワクはや2」で.審査員特別賞をいただきました.
スゴはや2プロジェクトのサイトからダウンロードして作っていただけます.

[天文班・宇宙技術班]

★「ピタゴラはやぶさ2 Seaon4」


2014文化祭からスタートした応援展示「ピタゴラはやぶさ2」
ピタゴラ装置ではやぶさ2のミッションを紹介します。
 → ピタゴラはやぶさ2とは

[天文班・宇宙技術班]

★英語ポスターセッション第二位入賞!
サイエンスアイデアコンテスト「つくば Science Edge 2017」

『Understanding Conical Pendulum Movement convergence using “CanSat’s” rotation - Controlling the annoying CPM ! 』
ISHIZEKI Kota・YAMANAKA Ichiya・JUNG Soohwan・ITO Hikaru

缶サット甲子園2015のミッションを自作モデルロケットDODECAGON8 x 缶サットSunflowerで検証!
ご支援下さった皆様、ありがとうございます!

★国際宇宙ステーション観測イベント『きぼう、み〜つけた!』


国際宇宙ステーションを見て、搭乗宇宙飛行士に応援メッセージを送ろう!
普通に見るだけで、子供から大人まで誰でも参加できます。ぜひご参加下さい!
詳細はこちらをご覧下さい
alt=""

[科学部主催イベント]


★ガチャサット、デビュー!
科学部が開発した玩具カプセル模擬人工衛星『ガチャサット』

おなじみのガチャのカプセルでだれでも作れます!

ガチャのカプセルとポリぶくろ、100円ショップのナイロンひも、ポテトチップのケースのキャップとワッシャがあればOK。
カプセルの中につむ夢はキミ次第!
※『ガチャ』は株式会社タカラトミーアーツの登録商標です
[天文班・宇宙技術班]

★今年はアサガオお休み中
JAXA主催 "Seeds in Space I"キャンペーン
[SEM/CHEM班]



*ギャラリー

おもしろSEM写真

大きな画像

珪藻の一種であるスケレネトマ。
珪藻には、粘液でくっつく仮群体性と、結合針でくっつく群体性があるが、この珪藻は群体性でしっかりとくっつくタイプ。
左が結合針で繋がった状態で、右では結合針は外れている状態。
おそらく右が1個体で、2つ合わさって群を形成するものと考えられる。
しかし、左では、がっちり結合した半球部分を残して、個体は割れてしまっている(原因は試料処理と考えられる)。

自分が真っ二つに裂けても仲間を離さない、仲間思いの珪藻である。
(撮影:SEM/CHEM班中山芽依)


*今までの活動

 → 行事記録

*工作室

雨でも星が見える?望遠鏡=AMEBOU=
(小学生向け)夏休みの工作にぴったり?! ※この望遠鏡はアートです
=折り紙ロケットの世界=
科学部OB佐々木さんによる折り紙で作る宇宙ロケットです。HIIロケットやISS等

*更新履歴





 ←科学部ANNEX
:科学部主催 公開講座参加生徒による研究発表

「宇宙天気予報の楽しみ」(2006年度応用化学分野2年野中匠・改田葉瑠緒)
 宇宙にも天気がある!?
宇宙空間は太陽活動により変化し、決して静かでも平穏でもない。
空間が激しく乱れる嵐があり、地球上ではオーロラ観測の楽しみにもなるが、ひとたび宇宙空間に出れば生命を脅かすものと化し、宇宙天気は危機回避に必須。
将来の自身を守るために、宇宙天気予報をマスターしよう。オーロラウォッチャーも必見!!


東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部

〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 (東工大附属高校物理科内)
E-mail(★をアットマークに):
 sci_club★hst.titech.ac.jp
 ※メールに画像など添付ファイルはつけないで下さい

*無断転載はご遠慮下さい