★=3=3=3=3=3=3
東工大附属高・科学部主催
国際宇宙ステーションISS観測イベント
『きぼう、みーつけた!』
ε=ε=ε=ε=ε=ε=★

みんなでISSを見て、宇宙飛行士を応援しよう!
ISSは、ちょうど夜の飛行機のように動く明るい光点として、道具なしで肉眼でみえます。




ISSをご覧になった方はぜひご報告を下さい♪


「きぼう、みーつけた!」ってどんなイベント?


ISSがいつどこに見えるか調べる
目撃報告する
結果を見る


★ISSは今!
(5/25 21:00更新:原則週一回、週末に更新)

定期試験から復帰しました!

ISSがいよいよ,5/20頃から夕方(夜7時から9時頃)の空に日本全国を通過する縦断コースにのりました.
金井宇宙飛行士は6月3日夜に帰還予定なので,全国からみんなで一緒に見られるのはこれがラストチャンスでしたが・・・.

★全国一斉目撃キャンペーンを行いました!★

5月23日 夜7時45-55分


事前の晴天続きがうそのように,あいにくの天候不良エリアが西日本から東日本まで広く広がり,当日は科学部関係者による天候不良の報告だけでした.

前もって晴天の時に観測をして下さったエキスパートの皆様,ご協力ありがとうございます.
せっかくデータを送って下さったのに,自分たちが観測できていなくてすみませんでした.
学校の向かいにまた30階建て位のビルができて,5本の30階前後のビルに囲まれてとても観測しにくくなってきました.

これからも,各地それぞれに他にも見やすい日時があります.
この時期は,一日に3回も見られることがあり,見える方角もばらばらです.
こちらで調べられます
 → ISSがいつどこに見えるか調べる

はやぶさ2のスタートラッカがリュウグウの姿を捉えたそうです.
はやぶさ2プロジェクトのサイトで,星の間を移動するリュウグウを見ることができます
昔,科学部で小惑星サーチに挑戦したことがあり,そっくりな印象ですが,リュウグウが背景の星より大きく写っているので,近いところにあることを感じさせます.

私たち科学部は、小惑星探査機のはやぶさ2の旅をスゴロクにしました!
その名も 「スゴはや2」です。
これは、実際のはやぶさ2のミッションの難しさ、面白さをスゴロクで遊んで体感できるようになっています。
そして、はやぶさ2は今年の6月末頃にリュウグウへ到着する予定です。
その前にスゴはや2で今までのミッションの時系列や、目的を確認する事でこれからのミッションを10倍楽しむことができます!
ぜひプレイしてみてください!

スゴはや2サイトは次ののリンクからご覧になれます.
「スゴはや2プロジェクト」
http://www1.hst.titech.ac.jp/club/sci_club/sugo-haya2.html
はやぶさ2の形をした帽子などのペーパークラフトなどもおいていく予定です.
これからも精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

★=3=3=3=3=3=3
全国一斉目撃キャンペーン関係のおしらせ

5月23日 夜7時45-55分

ふつうに見た報告だけでも大歓迎です
でも,もしできたら,
☆南北を結ぶ線(子午線),または,いちばん高いところを通過した時
☆見た直後に,スマホ・携帯電話や電波時計の時刻(分単位でOK)
報告して下さい.
注意! ISSの軌道修正によって,変更になることがあります.

見るだけでなく,ぜひ報告もお願いします.
金井宇宙飛行士に「日本全国から見たよ!」と,レポートを届けたいと思います.
 →結果はこちらで!

ε=ε=ε=ε=ε=ε=★

★最近の科学部

*「スゴはや2プロジェクト」について,英語でのポスター発表で参加してきした!
2018年3月24日から、福岡で行われtた「世界天文コミュニケーション会議CAP2018」にて「スゴロクはやぶさ2」でポスターセッションに参加しました。
そして、その一日目の夜はなんとISSの観測にはぴったりの日でした。(他にも話したいことはいくつもありますが、今回はISSについてだけを…)
会場で行われた天体観測ではそのことが話題に上がり、大きな賑わいを見せていました。
会議参加者に加え,地域の方々や子供たちも、ISSが見えると同時に歓声を上げたり手を振ったりなど、大盛り上がりでした。
普段は少人数で観測を行っているので、大勢での観測を僕たち自身も楽しむことができました。そして、一緒に感動を分かち合えたのはとても嬉しいことでした。

*2018年3月は発表がたくさんです!
3/17日本天文学会ジュニアセッションでの缶サットのポスター発表
3/18AstroHSの全国フォーラム

*皆既月食は皆さんのところから見えましたか?
 学校から撮影した皆既月食(科学部トップページ)

*科学部の宇宙技術・天文班が、月刊天文ガイド2017年12月号(誠文堂新光社)の「天文部NOW!」に出ました!
缶サットのことを取り上げていただきました。
(2017.11.5)

*缶サットの発表でISSF2017に参加し、Most Innovative Research Award 受賞しました! 応援ありがとうございます!
(2017.6.23)

*缶サットの発表で「つくば Science Edge 2017」というサイエンスアイディアコンテストに参加してきました。
英語のポスターセッション部門で2位に入賞することができました!
(2017.3.22-23)


★観測の結果・トピックス

全国一斉目撃キャンペーンへのご参加、ありがとうございました!

・2015年7月31日20時30分の全国一斉目撃キャンペーン♪
油井宇宙飛行士がISSに搭乗して、みんながまだ起きている見やすい時間の初めての日本列島縦断です。
7月31日には、22都府県から、71名もの方から報告をいただきました!
続く8月1日にも33件、報告をいただいています。 なんと、この時、油井さんも見て下さっていたそうです!
 → 油井宇宙飛行士のtwitter(7/31)
沢山の人が大気を超えて、油井宇宙飛行士にエールを送った日になりました!
 → 7/31全国一斉目撃キャンペーンの報告を見る



★皆様の暖かいメッセージがJAXAへ
そして宇宙飛行士の皆様へ!


JAXAに、皆様の応援メッセージと目撃報告をまとめた活動報告書をお届けしています.

★大西宇宙飛行士
大西宇宙飛行士が読んで下さいました!
その時同封した私たちの発表ポスター(ジュニアセッションで発表した,ソユーズでの酔いの分析)について,機体の姿勢の設定の誤解について,ミスの指摘をいただきました.
言われてみれば,その通りの勘違いでした・・・ありがとうございます!
報告書の簡易版(日本語・PDF・5MB)は
 → こちら

★油井宇宙飛行士
報告書の簡易版(日本語・PDF・10MB)は
 → こちら

★若田船長
若田船長が報告書を読んで下さったとメッセージをいただきました!
報告書の簡易版(日本語・PDF・9MB)は
 → こちら
若田さんには二つ目の報告になります(もう一つはきぼう組み立ての時)。

★星出宇宙飛行士
観測報告書を長期滞在報告会で、JAXAにお届けしました。
JAXAの皆さま、そして星出宇宙飛行士にも報告書を見ていただけたとお知らせをいただきました。
報告書の簡易版(日本語・PDF・3MB)は
  → こちら

★古川宇宙飛行士
暖かいお知らせをいただきました。報告書を読んで下さったそうです!
報告書の簡易版(日本語)・PDF・8MBは
 → こちら

★野口聡一宇宙飛行士
関係の皆様のご厚意により、報告会で直接お届けすることができました!
報告書の簡易版(日本語・PDF)は
 → こちら



★ISS関係の科学部の活動記録

★日本天文学会第14回ジュニアセッションにて発表
講演番号64「眼視観測による国際宇宙ステーションの軌道速度の測定」
皆様からいただいた2011年2月22日の報告データで、ISSの軌道速度を「見ること」で求めます。
専門観測にご参加下さった皆様、また応援して下さった皆様、
今まで観測に参加して下さった皆様、本当にありがとうございました!



★★おみやげいろいろ★★

★国際宇宙ステーション「ISS観測証明書」
報告をしてくださった皆様にもれなくお配りしております。
 →こちらからどうぞ!
ダウンロードして、観測情報を書き込むと、観測証明書になります



★INDEX:各ページへGo! ==3 ==3

いつどこに見えるか調べたい

→ 「国際宇宙ステーションを見よう」(JAXAへ接続)
 http://kibo.tksc.jaxa.jp

→ 「Heavens-Above」(外部サイトへ接続)
 http://www.heavens-above.com/

→android・iPhoneアプリ「SpaceStationAR」(株式会社鳥人間へ接続)
 http://www.sightspacestation.com/index.htm

目撃報告はこちらから!

 →報告ページへ (集計サイトのREAS@放送大学へ接続)

★結果はこちらで!

 →結果一覧へ
 →今までの結果まとめ




"きぼう、みーつけた!" は東工大附属高校科学部が主催するISS観測イベントです。

君がするのは、"見て"・"報告" だけ!
世界一簡単な方法で、国際宇宙ステーションの日本実験モジュール「きぼう」の通り道(宇宙飛行士のあしあと)を描き出します!

このイベントについて
パソコン用サイトへ

よくある質問・疑問
 FAQへどうぞ


リンクはこのページにお願いします。
東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部主催
(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 物理科内)
Eメール:tith.sci@(ジーメール.ドットコム)
※カタカナ部分を「gmail.com」にかえてください。

ウチュウヒコウシのあしあと、はっけん!
Discover the ISS