日本珪藻学会第32回大会 ポスター発表



日時:2011年5月14日(土) 13:00-17:30
場所:東京海洋大学・品川キャンパス(東京都港区)
参加:清水慎介、*岡崎洋介、*中山芽依(以上発表者。*が科学部)
内容:
・学会見学
日本珪藻学会第32回大会の発表を見学。
・ポスター発表
持参したポスター「芝浦運河の珪藻と塩分濃度」について発表。
ポスターのところで珪藻学会に参加されている先生方を前にして、5分間の説明を行いました。
5件のポスターのうちのひとつで、高校生の発表は初めてだそうです。

新種の珪藻に名前をつけるという、私たちの大きな夢についてもお話ししました。
実際に名前をつけられたり、それ以上にすばらしい研究をされてきた先生方から暖かいコメントを頂き、更に珪藻の世界を知りたくなりました。
いつかまた私たちや後輩が珪藻学会に胸を張って行けるようになりたいです。


トロピカルな感じの東京海洋大学の入り口で。でもここは、私たちの学校がある田町駅の隣、品川駅のすぐそば

いつもお世話になっている真山先生のご紹介でスタート







震災で予定していた発表会が中止になってがっかりしていたところ、今回の珪藻学会での発表の機会をいただきました。
チャンスを下さった珪藻学会の先生方、ありがとうございました。

東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部
更新:2010年7月8日