おもしろSEM写真・珪藻

クリックすると大きくなります

珪藻の一種であるスケレネトマ。
珪藻には、粘液でくっつく仮群体性と、結合針でくっつく群体性があるが、この珪藻は群体性でしっかりとくっつくタイプ。
左が結合針で繋がった状態で、右では結合針は外れている状態。

おそらく右が1個体で、2つ合わさって群を形成するものと考えられる。
しかし、左では、がっちり結合した半球部分を残して、個体は割れてしまっている(原因は試料処理と考えられる)。

自分が真っ二つに裂けても仲間を離さない、仲間思いの珪藻である。

東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部
更新:2010年6月27日