→スゴはや2トップページへ

おかえりはやぶさ2を88232倍楽しくしたい!

だれでも,どこでも,みんなでいっしょにできることで,はやぶさ2を応援
日本惑星協会内・イベント専用サイトへGo!

はやぶさ2のカプセル回収、
そして、はやぶさ2の小惑星1998KY26への出発、
おめでとうございます


周知期間が短い中、ご参加下さった皆様に心より感謝申し上げます!

◆結果ご紹介


(↑クリックすると大きくなります)

◆実施内容

スゴはや2プロジェクト コラボ主催(企画)
TPSJ日本惑星協会共催

ミッション:地球をキック!
はやぶさ2だよ、全員ジャンプ!


*ジャンプの写真をツイート
*「今!」とツイート
  #はや2キックアンドゴー
*サイトで予想時刻受付

← 説明動画(YouTube、2.5分)

← ポスター(4MB,PDF)



はやぶさ2 は日本の小惑星探査機です
2014年12月3日に地球を出発して,2020年12月6日小惑星リュウグウのカケラ(サンプル)を採取して持ち帰ることに成功しました.そのカケラに生命のもととなる物質が含まれているかどうか、太陽系がどうやってできたのか、等,を調べるのが目的です.

 2020年12月6日(5日深夜),
 はやぶさ2が,リュウグウからおとりよせを持って帰ってきた!


スゴはや2プロジェクトは,東京工業大学附属科学技術高校科学部のはやぶさ2応援イベントです.
「はやぶさ2」の旅をスゴロクにした 「スゴロクはやぶさ2」(略称「スゴはや2」) からスタート,みなさんと一緒に「スゴイぞ,はやぶさ2!」を楽しみます! →詳しくはこちらから!



ありがとうございます!

この企画を実現するにあたり,日本惑星協会様にお力をお借りしました.この場をかりて御礼申し上げます

スゴはや2を実現するにあたり,皆様にお力をお借りしました.この場をかりて御礼申し上げます
池下章裕先生の魅力的なはやぶさ2のイラストのおかげで,私たちは,遠くのはやぶさ2の活躍を思い描くことができます
そして,スゴイ技術でミッションを着実に遂行しながら,現在進行中の科学のおもしろさを私たちに伝える努力を続けて下さるはやぶさ2チーム(そして,先代のはやぶさチーム)に感謝しています.




「東京工業大学基金事業 - ものつくり人材の裾野拡大支援2017」後援
スゴはや2プロジェクト
produced by 東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部
Science Club of
Tokyo Tech High School of Science and Technology (Tokyo Tech HSST)
科学部 http://www1.hst.titech.ac.jp/club/sci_club/
(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 物理科内)
Eメール:
更新:2020年12月06日
公開:2017年11月1日